読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

エイプのエンジンを降ろした。

ナオニートです。

 

エイプのオイルを抜いてみたら金属のクズが出てきました。

f:id:naoneet88:20170502074924j:plain

 

原因を探るため、エンジンを降ろします。

 

写真を撮りながらでも1時間ほどで降ろせます。

 

まずはエンジンの周辺に着いてる部品を外していきます。

 

  • エンジン右側

f:id:naoneet88:20170502075337j:plain

キャブレター、プラグコード、ガソリンキャッチタンク、マフラー、キックペダル、クラッチワイヤー、オイルクーラーと繋がるホースを外します。

ホースを外すとオイルが垂れてくるんで、ある程度落としたらこぼれないように上を向けてフレームに仮固定しときます。

f:id:naoneet88:20170502080038j:plain

クラッチワイヤーは、レバー側のアジャスターを緩めて、

f:id:naoneet88:20170502080327j:plain

⇩このように1度握って、離すのと同時にケーブルを引っ張れば簡単に外すことができます。

f:id:naoneet88:20170502080829j:plain

 

 

  • エンジン左側

f:id:naoneet88:20170502080806j:plain

シフトレバー、オイルキャッチタンクに繋がるホース、ケースカバー、ドライブスプロケットとチェーン、フライホイール、配線類を外します。

フライホイールは、エンジンが降りてからでもできなくはないですけど、なるべく軽くして降ろすときに楽したいのと、ナットが結構固く締まってるんで車体に載ってるうちに外した方がやりやすいです。

⇩の特殊工具を使います。

f:id:naoneet88:20170502081558j:plain

黄色の工具でフライホイールが回らないように固定して真ん中のナットを外します。

f:id:naoneet88:20170502082458j:plain

そして黒い工具をセンターにねじ込むと、フライホイールが外れてきます。

f:id:naoneet88:20170502082738j:plain

 

じゃぁ、エンジンを降ろしましょうか。

もう1度エンジン回りにつながってる部品がないか確認して。

 

  • エンジンを降ろす

エンジンマウントボルト、ナットが前4本、後ろ2本あり、それを外せば降ろせます。

けどその前に、スイングアームピボットのナットを緩めておかないとフレームにクラックが入るとかどうとかって話があるんで緩めときましょう。

(NS-1はここを緩めないとエンジンが降ろしにくかった。ひょっとしてどのバイクも同じ?)

組みつけの時、エンジンを載せた後に締め忘れないように荷札でメモ。

f:id:naoneet88:20170502082915j:plain

後ろの上側のマウントボルトだけ残して他は全部抜いてしまいました。

f:id:naoneet88:20170502082851j:plain

ここから左手でエンジンの下からささえながら、最後の1本を引き抜けば、降ろせます(組む時もこのボルトを最初に入れると楽です)

f:id:naoneet88:20170502084105j:plain

以前はわざわざジャッキを据えて、それを上下しながら慎重に降ろしてましたけど、それほど重くないんで、普通の人なら手で支えられますよ。

 

 

次は恐る恐る、エンジンをバラしていこうと思います。

 

つづく。

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ