読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

映画「スリーデイズ」を観た感想(ネタバレなし)。

雑談

ナオニートです。

 

ネタがないです。

 

先週、今週と、日曜日は雨でバイクもクルマもイジれなかったため、プライムビデオを観てましたよ。

つか、仕事の日も最近は夜ほとんどそればっかり。

 

それを観た感想文をブログに書こうと思っても「面白かったです。」か「チョー面白かったです。」位しか書けない無能ぶり。

 

こうやってるうちに、私もそのうち書かなくなっていくんでしょうね。

私がブログを始めてこれまでに、はてな内で知ってるだけでも3人ほど更新が止まってしまった人がいます。

 

まぁ、文章力を付ける練習にはなるわけで、少しずつペースが落ちて行きいずれフェードアウトしてしまうとしても、この経験は、私には何かが残るはずですよね。

これまで書いてきて、ブログで収入を得るなんて私にはムリだとわかったし、これからも自分の勉強と考え、ゆるくマイペースで書いていこうと思います。

 

 

で、実はですね、感想文は書けないけど、どうしても紹介したい映画があるんです。

 

「スリーデイズ」です。

スリーデイズ (吹替版)
 

愛する妻子とともに、幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン。しかしある朝、彼の家に警察が突入、殺人の容疑で妻のララは逮捕されてしまう。それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。

 

これはよかった。

 

ラッセル・クロウが主人公で、大学教授をしてるお父さん役。

嫁さん役がエリザベス・バンクス

息子役はタイ・シンプキンス。

じいちゃん役はブライアン・デネヒー

ばあちゃん役はヘレン・ケアリー。

 

上の引用文のように、嫁さんがいきなり逮捕されて、旦那が無実を証明するために頑張るという話なんですけどね。

 

お父さんが、大学教授のわりに(?)ドジというか、考えが浅いというか、映画の主役なら普通もっとできるんじゃないの?みたいな。

けどそこがこの映画の観どころだと思うんですよ。

「家族のためなら法も犯すぞ。でも素人だからなかなか上手くいかない。」ていう。

 

じいちゃん、ばあちゃんも意外と大事な役割を担ってて、全体的に見るとこれは「家族愛の究極」を描いた映画なんだなって思った。

 

1番肝心な場面を端折ってる感じがするけど、不意に泣かされる場面もあって、決して気分爽快な映画ではないんだけど、心は晴れた。みたいな。

 

私としては、お父さんよりも、じいちゃんがスゴイと思いました。

 

あ、やっぱいつも通りの感想文になっちゃいましたね。

 

ということで、まだ観てない人に是非お勧めしたい映画でした。

 

どなたか、「ネタバレしない映画の感想文ブログ」のお手本になる人を教えてください。

 

つづく。

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ