読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

永遠のテーマ。

ナオニートです。

 

先日、ぼっちさん(botti_bk)が、バイクの本を紹介していたんで、早速ポチって、読んでみました。

www.botti-bk.com

読むのにだいぶ時間がかかってしまいました。

 

いいですね、この本。

バ・イ・ク (講談社文庫)

バ・イ・ク (講談社文庫)

 

この本を読めば、バイクの魅力が十分に伝わると思います。

とくに、4章「バイクが寄席にやってきた!」からの後編はその魅力がスゴく的確に表現されていて、バイクに乗ってる(た)人がまた今からでも走りたくなる程だと思いました。

万沢康夫さんという方の言葉で、「自動車から見る景色は第三者で、バイクで見る景色は当事者だ」これもいいですね。

あと、あとがきの最後の項「骨の1本や2本」は少し感動しました、その通りだと思います。

 

 

風。

景色。

目の前に続く道。

走行そのものの体感。

危険。

同じものでもクルマとは感覚が全然違いますからね。

その魅力を、感じたことない人に伝えるのって難しいですけど、それを伝えたい人にこの本を読んでもらえたら、きっと伝わりますよね。

 

・・・

 

読んでもらえたら、です。

 

これが1番難しい。。。

 

minibaiku.naoneet.info

⇧でもちょっと書いてますけど、私も実は周りからあまりいい顔をされないんで、なんとかしてこちら側に引き込みたい。。。

いや、せめて、バイクに乗ることを煙たがらないで欲しいと、ずっと思ってます。

 

そもそもバイクに興味がない、それどころか煙たがってる人が、コレを読むか?

おそらく、ほぼないでしょう(笑)。

 

「ばくおん!!」よりも無理っぽい(笑)。

 

毎月いろんな本を読むような本が好きな人、それから、バイクに乗るその気持ちを知りたいと思ってる人なら、読んでくれるかもしれませんね。

 

せめて、4章から読んでもらうとか、それも無理ならあとがきの「やっと来た青春」「骨の1本や2本」だけでも読んでもらうとか。。。

 

んんんんんん。。。

 

バイク乗りの、永遠の課題ですね。

 

つづく。

 

 

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ