読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

痩せの大食い。

ナオニートです。

 

ちょっとタイムリーな話題だと思ったので、全くバイクとは関係ないお話を。

 

先日、十勝花子さんが他界されました。

大腸ガンだったそうです。

医者から「治療しなければ余命6ヶ月です。」と言われ、ご本人はガンと戦うと、治療することを選んだそうです。

そして、入院してわずか3週間で。。。

 

皆さんはこの報道を見て(聞いて)どう思われたでしょうか?

 

私の母も、最初は大腸ガンでした。

ステージ3と4の間位でした。

標準治療って言うんですっけ?

手術と抗がん剤治療を受けました。

幸い手術も上手くいったようで、約半年間の抗がん剤治療も意外なほど副作用は少なく済みました。

けどそれから約1年後、肺に転移が見つかったのです。


今思うと、母はスゴくラッキーだったと思います。

だって、手術や抗がん剤の治療で最悪の事態に陥らなかったから。

そしてその後の治療を断ったから。

 

十勝花子さんの話にもどして。

「治療しなければ余命6ヶ月」と宣告されていざ治療してもらったら、実際残されていた命はなんと3週間でした。

きっとご本人は、余生を充実して生きたいと思っていたはずです。

多分ですけど、半年以上生きて、アレしよう、コレしようと考えていたんじゃないでしょうか。

 

医者は、ちゃんと「治療しなければ余命6ヶ月です。治療したらもっと早まります」と言うべきでしょう?

そもそも手の施しようがないほど進行していたのなら、せめてそっとしておいて欲しいと思いませんか?

なのにそこに、猛毒を直接血液に混ぜ込むんですよ、平気でいられるはずがない。

 

十勝花子さんは、間違いなくガンで亡くなったのではない、と、分かりますよね?

 

なのに、報道では「大腸ガンで逝去」です。

イヤイヤ「抗がん剤の副作用で逝去」または「医療ミスで逝去」でしょうが。

せめて、その疑い位かけてもいいんじゃないんですか?

え、医者は「神様」とでも思ってるんですか?

なんで親族は黙っていられるんでしょうか。

 

1926年頃にはガンの正体は分かってるんですよ、それを応用したのがPET CTなんですから。

分かってるくせに、それを検査には応用して治療には応用しない。

ね、医者は商売してるだけなんです。

 

あ、これを読んでいただいてる皆さんに一応言っときますね。

信じなくてもいいですよ。

だからぜひ、調べてみてください。

あと、「痩せの大食い」な人は要注意ですよ。

歯医者が難病になってわかったこと

歯医者が難病になってわかったこと

 

 

医学不要論

医学不要論

 

 

 

 つづく。

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ