読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

糖質制限

ナオニートです。

 

糖質制限やってます。

始めてまだ、3年目かな、いろいろやり方を変えながら、今のやり方に落ち着いてから、約1年半。

最初のきっかけは、デブったこと。

いろいろ調べながらやってるうちに、花粉症の症状がほとんど出なくなりました。

あと、10年以上続いていた胃痛もほとんどなくなったし、肩こりもかなり楽になりました。

それでもまだまだ実験中って感じで、チョコチョコやり方は変わっていくと思いますけど。

 

糖質制限といってもそのやり方は、教える人によってまちまちで、いろんな種類というか、いろんな方法があって、そしてやる本人が得られる効果もまちまち。

それをやった全員がいい効果を得られるかというと、そうでもないみたい。

はっきり言って、糖質制限が体に合わない人だっているんじゃないかって、そう思ってます。

ただこれだけは言えます、今の一般的な食事では、糖質の摂りすぎでしょう。

 

朝からパンとコーヒー、昼はラーメン屋でラーメンとごはん、夜はビール飲んでそれからおかずとごはん。。。

糖質、脂質、たんぱく質、これを「3大栄養素」というらしいんですけど。

だいたい普通に調べると、摂取の理想としては、「糖質6:脂質2:たんぱく質2」と、この位の比率を謳ってるのがほとんどです。

けど、体は何でできてるか、知ってます?

  • 水分:60~70%
  • タンパク質:15~20%
  • 脂肪:13~20%
  • ミネラル:5~6%
  • 糖質:1%

です。

どうですか?

単純に考えても比率的におかしいの、分かりますよね?

(私は、単純にしか考えられないんでこのデータだけで納得してます。いかなる異論、クレームに対しても、ちゃんと反論できない自信がありますんで、どうぞその類のコメントはしないでください。)

 

アトピーや喘息を含むアレルギーから、ガンや糖尿病等の成人病(生活習慣病)、最近では夏場の熱中症が流行ってますけどそれも、糖質が原因とまでは言いませんが、少なくとも糖質の摂りすぎは、いろんな病気と関係してますよ。

今日だって、私はここ数日糖質食ってるんですけど、鼻の調子が悪いです(笑)。

 

「6:2:2」とか、「1日3食しっかり食べなさい」とか、「脳には糖分が絶対必要」とか、「野菜もしっかり食べなさい」とか、こんな常識っていつ作られたんでしょうか?

ビタミン、ミネラルだって、野菜よりも肉の方が多く含んでたりしますよ。

しかも野菜に含まれる栄養素はなかなか吸収されにくいらしいし。

野菜をきらいな子どもが多いのは、肉食動物の本能的なものなんじゃないかと、思いますねぇ。

そういえばこの前、生まれて初めて【パクチー】食べました。不味かった。

別名【カメムシ草】の名の通り、カメムシの味しかしない。

 

糖質制限に興味があれば調べてみてください、【先住民食】【断糖肉食】【MEC】この辺がオススメです。

高強度の運動をする人には糖質が必要なのかもしれません、分かりませんけど、テニスのジョコビッチ選手やサッカーの長友選手もやってるようなんで、どうなんでしょうね。。。やり方次第?

完全に糖質を抜いてしまうと弊害がある人も多いようですが、まずはいつもの米、麦を少しずつ減らすことから始めてみてはどうでしょう。

 

高血圧やコレステロールの嘘のように、テレビや新聞、やぶ医者の言うことを過信してると、いつの間にか常識まで塗り替えられているんですよね。

自分の力でしっかり調べて、自分の体で実感しながら生活をしていくと、病院に頼る必要ってなくなると思うんです。

逆に、人に任せてて健康になれるわけないじゃないですか。

病気になるのもならないのも、かかった病気が治るかどうかも、自分の責任ですよ。

歯医者が難病になってわかったこと

歯医者が難病になってわかったこと

 

 

ってことで、明日から福岡に行ってビールをしこたま飲んできます。

さほど酔っていなければ、また更新するかもしれません。

 

 つづく。

 

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ