読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

ハイエースのエンジン修理 その6  1KZエンジン バラし中 ヘッドへ到達。

ハイエース 整備、修理

ナオニートです。

次は上側をバラしましょうかね。

f:id:naoneet88:20160614200610j:plain

いきなり結構進んじゃいましたね。

まぁ、元の形さえ覚えていれば、特に注意するところもないのですが。

噴射ポンプからノズルへつながるパイプが、知恵の輪ですよ、頑張りましょう。

ちなみにこのパイプの取り外し、当然メガネレンチやソケットなんて使えません。

スパナで外さないといけないのですが、ナメないようにお気を付けください。

【スナップオン コンビネーションレンチ フランクドライブプラス】

 

これがあればいいですね。

本締めできるスパナ。

間違っても車載工具や100均なんか使っちゃだめですよ。

 

外さずにできないかなと思って、外していなかったエンジンルーム後ろ側のカバー。

やっぱ外さなきゃダメでした。

f:id:naoneet88:20160614201158j:plain

外してみると、EGR?排気ガスを少しインテークに戻す装置がありました。

ノズルにつながるパイプも後ろ側2本はこの穴から取り出しました。

f:id:naoneet88:20160614201431j:plain

 

バラシて外して…。

外してバラシて。

汚いですね、タービンからのパイプなんかも中は真っ黒です、当たり前ですが。

汚れが積もって径が細くなってるような。。。

実はこの時点でまだ、カムシャフトオイルシールリテーナーなんて長い名前のバックプレートは外していません。

f:id:naoneet88:20160614201945j:plain

ひょっとしてボルトがまだ残っているかもと思っていたので、明るい時にちゃんと確認してからたたこうと思ってたんです。

 

意外と時間かかりますね。

 

排気側はA/Cコンプレッサーを外してその土台を外す。

エキマニのカバー外してエキマニ外して。

エキマニは、ナットが6本で2本はボルト。

f:id:naoneet88:20160614202922j:plain

ナットに数本スタッドボルトがくっ付いてきました。

残ったスタッドボルトが邪魔して、ずらす余裕がなくてエキマニ単体では外せません。

なのでこのスタッドボルトを外します。

これはダブルナットという手法で、ナットを2個いれて、そのナット同士を締め合わせることでボルトと強くかみ合うので、後はそのナットをまわせばスタッドボルトと一緒に外せます。

緩めるときは奥のナット、締めるときは手前のナットを回せば、ダブルナットが緩みにくいですよ。

スタッドボルトとくっついてきたナットを外したい場合も、同じようにダブルナットで行けると思います。浸透潤滑剤なんか使って。

 

ごちゃごちゃと着いてる部品を外し、

さあいよいよヘッドです。

f:id:naoneet88:20160614204019j:plain

 

落ち着きましょう。

前も後ろも、右も左も、もう一度よく確認しましょう。

何もつながってませんか?

画像のウエスの下に細いホース、パイプがあって、その固定が外れてませんでしたよ。

確認、大事ですね。

 

 

つづく。

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ