読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
⇩ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

ハイエースのエンジン修理 その1  1KZエンジンにナニが起きたのか。

 ナオニートです。

 

100系ハイエースでは有名な?故障であるシリンダーヘッドのクラック。

みなさんご存知の1KZエンジンは耐久性は高く、力持ち。

私自身、50万キロ以上走ってるハイエースを何回か見たことがあります。

私のハイエースはまだ24万キロしか、走っていません。

まだまだナラシが終わった程度…だと思っていました。

まだまだ走れるはず。

まだまだ頑張ってくれる…はず…だったのに…

エンジンルームを覗くのも面倒になりますね、キャブオーバー車は。

けど、わりとマメに水、オイルぐらいは点検してたんですよ?

f:id:naoneet88:20160613222444j:plain

 

その日、いつもどおりの仕事帰り、ゆるい上り坂を加速していると、ラジエターの警告灯が点灯しました。

水温計の針は真ん中にあったので、リザーブタンクの中身が減ってるだけだと思い、とりあえずそのまま帰宅。

少し時間がたってから助手席シートを上げてみました。

リザーブタンクを覗いてみると…

…入ってますね。

ん?

ラジエターキャップを開けてみると、いつもの緑の液が見えない…。

ヤカンで水を、量をはかりながら入れてみると、約3リッターも入りました!

ぇえええええ

やっちゃった?

 

もしかしてやっちゃった?

 

オーバーヒートしてた?

 

んんんんまだわからん。

ひょっとしてどこかから水漏れしただけかもしれないし。

次の日、普通に職場まで通勤し、もう一度ラジエターの確認。

職場まで距離は20キロぐらいなんですが、また3リッター近く減ってましたよ。。。

下の方をのぞき込むとすこーし緑の液体がこぼれてるのが見えるので、ウォーターポンプからの水漏れ?

念のために、ラジエターキャップを開けたままエンジンを始動してみると…

「ゴボゴボッ」…っと泡が。

やっぱりオーバーヒートしてたのか(泣)。

この時の私の見たては、【水漏れ、またはサーモスタット異常によるオーバーヒート。からのヘッドガスケット破れ】と思ってました。

 

さて、シリンダーヘッドの歪みやクラックは、普通に考えられる一番の原因といえば、オーバーヒートです。というかそれ以外私は知りません。

…というか知りませんでした。

エンジンがオーバーヒートしてしまうと、冷却水が噴き出して量が足りなくなったり、逆にどこかからの水漏れが原因で冷却水の量が足りなくなってオーバーヒートしたりします。

で、オーバーヒートすると、有り余った熱のせいでエンジン本体に歪みが生じたり、ひどい場合は割れてしまったりします。

オーバーヒートの原因として、

  • どこかから冷却水が漏れだして、量が不足し、循環できなくなり---
  • サーモスタットが固着して(閉まりっぱなし)ラジエターに冷却水を送れなくなり---
  • ラジエターコア、その他が錆や汚れでつまってしまい十分に循環できなくなり---

他にもありますが、主にこんな感じですね。

なので、今回の故障の原因は、ウォーターポンプが一番疑わしいと思っていたのです。

 

くそっ。

 

 

 

つづく。

 

 

 

⇩ぽちっと応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ